>VISION

3
グラフィックの力で、あらゆる思考をつなげ、課題解決を目指す
今、世の中が物凄いスピードで動いています。
それは、既存のカテゴライズの考えが通用しない恐ろしいほどの速さです。
この流れに飲み込まれず課題を解決していく為には、何が必要なのでしょうか?

Tokyo Graphic Recorderでは、
不確定事項が多く、思考停止しそうな状況にあっても、
議論をリアルタイムでビジュアルとして可視化することで、様々な思考をつなげます。
そして、より本質的な課題発見をして、メンバーの主体的な課題解決への道を生み出します。

グラフィックレコーディングを行う対象とする条件は、
新しいものを生み出そうと試行錯誤する議論であること、ただひとつです。

今の社会に溢れる課題を最速で解決することはもちろん、
10年後、20年後、その時代の生々しい考えや対話のぶつかりを残していけるような存在を目指します。
Tokyo Graphic Recorder
今後の展開をどうぞお楽しみに。

***

仕事のカタチになるか不明でも、まずはお気軽にご相談ください。
Tokyo Graphic Recorderは、曖昧な状態からでも一緒に課題発見をしつつ、
グラフィックレコーディングはじめ、あらゆるビジュアライゼーションコミュニケーションでの適切な解決法を探っていきます。
ご相談はこちらからどうぞ