GraphicRecorder書籍が完成するまで:D

2014年の年末から2017年の年初にかけて約2年かけて、
紆余曲折で回り道をしながら、グラフィックレコーディングの本を作っていました。
制作のプロセスを紹介します。

2014年10月 / イメージを作る

様々な案件で溜まったグラフィックレコーディングのノウハウをまとめてみたいと思い。
A4を4等分した紙に書き溜めて、本の形にした。
これを持って書籍化のためにパートナーとなってるくれる出版社を探した。
櫻田さんと永原さんに相談したところ偶然BNNの村田さんを紹介してもらう。

w1-1 w1-2 どのようなルールで作るべきかという指針を立てる

2015年3月 / 図解を書きためる

村田さんから「書き下し」をしてください。と言われるが手が進まない。
ビジュアルの説明を言葉で行っていると回りくどい気がしてどうも進まない。
とにかく、ひたすら図解を行う。
その図解から、簡単なメモの文字に起こしていく。

w2-1 w2-2

2015年6月 / ワークショップの内容を反映、さらに図解を書きためる

全体の流れを目次に合わせて、構成を考える。

w3-1 w3-2

2015年8月 / レイアウトを考える

どんなストーリーに見せるのかを考える
この頃はA4横サイズで考えている。

w4-1 w4-2

2016年4月 / グラフィックルールを考える

抽象的な部分を伝えるためには、文字よりグラフィックが適していること。
ビジュアルシンカーでも読みやすい内容にするため。
文章で書いている内容を読まなくてもなんとなくわかるように。

w5-1 w5-2

2016年8月 / 文字と絵を組み合わせた状態で執筆

目次、グラフィック、テキストの分量がきまったのでひたすら描く。

w6-2 w6-4

2016年12月 / 原稿がデザインされてゲラになる

デザイナー前田さんが、散らばってた文字やイラストをレイアウトデザイン。
ひとつの本の形になってきました。
赤字を入れまくる。

w7-1 w7-2

2017年1月/ 表紙を考える

ここまで、表紙のことをノーディレクションだった。
表紙でグラフィックレコーダーという人物でものなく、グラフィックレコードという成果物でもなく、
グラフィックレコーディングという行為をそのものを描きたいと思いイラストを描いた。

表紙 表紙2

2017年1月/完成!

ついに完成!
100冊自費で購入。

w8-1


2017年1月27日 / 発売!本屋さんに並ぶ

青山ブックセンターにて。

本2 本

2017年1月31日/ Amazonでビジネス企画カテゴリ1位!

Amazonに並ぶ

AMAZON-2AMAOZN

Graphic Recorder
―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書

▼こちらから購入できます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4802510284/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_x3mIybNPPRC45